STORY
あらすじ

第2話

ホストを目指して一念発起する事を決めたシンジ(有澤樟太郎)とジロウ(松浦祐也)。「夢の時間を売るのがホストの仕事だ」と、カタオカ(伊万里有)のホスト指導は熱が入るも、2人は全然理解せずお先真っ暗状態。
ホストクラブを作るには金がかかる為、シンジとジロウの本気度も確かめる為に、開店資金として500万円集める事をカタオカが命じる。
貯金なんてないシンジたちは、考えた挙句、役場に行って町おこしの助成金を頼る事に。窓口にはシンジと中学時代の同級生のヤスオ(田中尚輝)。ホストクラブ開店資金での助成申請を頼むも、ヤスオに一蹴されてしまう。
成す術を失ったシンジとジロウが、帰り道に立ち寄った蕎麦屋でも開店資金の話し合いをしていると、蕎麦屋の女店主のおトヨ(松金よね子)が会話に入ってくる。「ホストなんて女を騙すペテン師だと言われてしまう。

バックナンバー